その他⇒JISC8955に伴う太陽光パネルアレイ強度調査

その他⇒JIS C8955に伴う太陽光パネルアレイ(パネルの設置架台)の強度調査
    (必要強度値算出とトルクチェック作業)


 太陽光発電所では、近年の大型台風等の直撃により太陽光パネルアレイ(架台)が損壊し事故につながる恐れがあります。
 日本産業規格(元日本工業規格)では、JIS C8955の解釈により規定される強度を有しなければなりません。
 
 まれに強度計算がわからない・・。 またはどの程度すれば良いかわからない方々がおられます。
 LOHASでは、予算と規模に沿った強度計算と試験を提案して、
  更に実施する事でワンストップにて業務を遂行する事が出来ます。


 

JIS C8955の周知文。具体的な規定値は記述されておりません。
計算例。※後日 掲載致します。
六角の留め具から各ボルトまで
対応可能です。
 

杭の根本から測定できます。
架台に中間部も可能です。
屋上屋根の固定具も測定可能です。

 
  • 産業用太陽光発電
  • 住宅用太陽光発電
  • 蓄電池
  • LED照明
  • ITファーム
  • コンデンサー(熱交換器)
  • 水力事業(ビジネスモデル)
  • 外部委託業務事業)