ホーム > 産業用太陽光発電

産業用太陽光発電

立地選定
土地の形状、電力需要、造成の必要性などの調査を行います。

基本設計・
システム構築
地質調査・測量を行い、概算発電量・売電収益の計算を行います。

電力協議・
許認可の申請
電力申請・経産省許認可・林地開発許認可・開発許認可の申請を行います。

詳細設計
機器仕様・レイアウト・設置内容・スケジュールの調整を行います。

ファイナンス
投資家を選定し、ファイナンスを行います。金融機関他、ファンドによる調達も行います。

着工
土地の購入及び賃貸契約を結び着工します。商品部材の発注も行います。

造成・基礎工事
造成工事を行い、基礎架台の取り付けができるよう土地を整えていきます。

架台工事
太陽光モジュールを取り付けできるよう、架台フレームの工事を行います。
・架台フレーム
現場の状況に応じてスクリュー杭、打ち込み杭、置き基礎で工事します。
 

取り付け工事
太陽光モジュールの取り付け工事を行います。
 
・太陽光
モジュール
太陽光モジュールを直列・並列で接続し、アレイにしていきます。

電気設備工事
パワーコンディショナ、集電箱、キュービクルの設置工事を行います。
 
・集電箱
太陽光モジュールで発電した電気を集めて、ロスを少なくパワーコンディショナに接続します。
 
・パワー
コンディショナ
発電した電気を直流から交流に変換します。
・キュービクル
(昇圧)
交流に変換された電気を規定の電圧まで昇圧します。構内事故の波及防止機能を内臓していますので、安全な電力供給ができます。

系統連系
発電設備で発電した電力を、電力会社の電力送電線(配電線)と接続します。

メンテナンス
独自の遠隔監視システムで発電設備の発電量の監視、故障がないかの確認を行います。



  • 産業用太陽光発電
  • 住宅用太陽光発電
  • 蓄電池
  • LED照明
  • ITファーム
  • コンデンサー(熱交換器)
  • 水力事業