その他⇒発電所内での通信障害の調査

その他⇒発電所内での通信障害の調査とは?

 前項では、通信機器の交換作業一式の代務でしたが、こちらは発電所内で通信障害(エラー)が発生した場合です。
 太陽光発電所では通信機器(監視カメラ・発電データ・日照データ等)が非常に重要な役割を果たします。
 長い年月での通信機器の状態では前項の様に壊れやすくなってしまいます。
 そしてそれは内線側(パワコンの通信機器等)も同じです。
 内線側では故障後、すぐ交換しても原因が不明ですと短い期間でまた故障してしまう事があります。

 LOHASでは、RS-485システムを中心にパワーコンディショナーの仕様や連動する通信機器の仕様を調べた上で、
 現地調査後、解明や想定した現象から改善に向けての提案内容を提示致します。


パワコン内の通信システムRS-485の端末故障を調査
エラーゲージやテスタで導通確認したり、集積回路を調査します。
通信システムが基盤の交換なら専門エンジニアへ手配依頼をかけます。
 

 
通信用機器を交換設定作業中。
専門エンジニアが対応します。
故障範囲が多岐にわたると調査や交換修理も時間がかかります。

モニタリング通信機器の復旧までお任せください。

 
  • 産業用太陽光発電
  • 住宅用太陽光発電
  • 蓄電池
  • LED照明
  • ITファーム
  • コンデンサー(熱交換器)
  • 水力事業(ビジネスモデル)
  • 外部委託業務事業)